KJ法(けいじぇーほう)

KJ法(けいじぇーほう)

  • グループの関係を示して、問題点を明確にする手法のこと。
  • ブレーンストーミングなどで、多種多様な情報を収集してカード一枚に1つの情報を記入し、類似するカードをグループ化する。
  • 発案者・川喜田二郎氏のイニシャルを取って名付けられた。

a:662 t:1 y:1