パソコンスキルが旧人級の方たちへ

パソコンスキルが旧人級の方たちへ

  • ここに当てはまる人は「パソコン初心者」です。
    パソコンの基本的な操作(電源を入れる、電源を切る、アプリケーションを起動するなど)はできるはずです。
  • 「パソコンソフトの説明書を挫折することなく読破できない」と書いてありますが、パソコンに関する専門用語が「いったい何を指しているのか」がわかっていないために、マニュアルを読みこなすことができないのです。
  • 基本的に「パソコンに関する用語」は、英語をカタカナにしたものです。英語の意味が分かればなんとなくわかるようになります。まずはパソコン用語をしっかり覚えましょう!
  • パソコン用語さえ理解できればこっちのもの。マニュアルを簡単に読みこなすことができるようになり、自然にパソコンスキルが上がってゆくでしょう。
  • 「パソコンスキルが十分ついた」と思えるようになったら、P研(パソコン検定)3級MOUSといった資格にも挑戦してみましょう!

資格を取得するときの注意点

  • 10年前ないし15年前にこのような資格を持っていると「パソコンが使える人だ、すごーい!」といって重宝されていましたが、今はパソコンが一家に一台・会社に常備されているご時世のため、「あ、パソコン使えるんだねー」というくらいにしか見てくれません。
  • パソコンインストラクターになるためには必須ですが、そこよりさらにもう一歩踏み出す必要です。これはP検やMOUSはあくまで「基礎」なので、応用が利く「情報処理技術者」といった国家資格を取得しておくほうが何かとよいでしょう。

オフィスソフト以外のアプリケーションも使いましょう

  • パソコンは「仕事や分析に使うもの」だけではありません。アフィリエイト(自分が管理していているサイトに通販サイトで販売している商品のリンクを貼り付け、通販サイトに誘導させて商品を購入させることで、紹介料を得る方法)やYouTubeやニコニコ動画に自分の作成した作品を撮影して投稿することで、広告費を得ることができます。このような「ネットでお金を稼ぐ」ことにチャレンジしてみてはどうでしょうか。
  • 年間3万円ないし5万円程度をネットで得ることはそれほど難しくありませんので、ぜひ挑戦してみてください。そこからサイトを成長させてゆけば、億万長者になって「セレブ」になることも可能です。(ただしものすごい努力が必要です)

a:658 t:1 y:0