2進数(にしんすう)

2進数(にしんすう)

  • コンピュータ上で数字や文字を表す時に使う、2を底(てい)としそのべき乗で様々な数を表す方法。
  • 0と1のみを用いて数値を表し、2のべき乗の値に達すると1ケタ上がる。(表参照)
10進数2進数表示10進数2進数表示
005101
116110
2107111
31181000
410091001


変換方法

  • 10進数を2進数に変換する方法を次に示す。(下図参照)

    10進数→2進数

  • 2進数から10進数に変換する方法を次に示す。(下図参照)

    2進数→10進数

  • この方法を応用すれば、10進数を3進数や4進数などで表現することができる。

負の数の表現

  • 次に、マイナスの2進数について説明する。
  • コンピュータで文字などを表現するとき、1バイト(8ビット)を最小単位として扱う。そのため0~255まで表すことができるが、マイナスの値は表現できない。そこで、このような方法を用いてマイナスの数字を表現する。

    2進数のマイナス表現

  • 上の図で8桁目が0のときはプラスの値1の時はマイナスの値になる。
  • こうすることで、最大127から最小-128まで表現できるようになる。

a:764 t:3 y:0