Virtual Reality(ばーちゃるりありてぃ)

VR(ぶいあーる)

  • Virtual Reality(仮想現実)の略。コンピュータグラフィックスなどを使って、あたかも現実の空間がそこに存在しているかのようなものを作り出すこと。
  • 次のようなものである。
    • バーチャルモール
      • インターネット上にショッピングサイトをつくり、そこで売買する。コンピュータ上であるが、巨大なショッピングモールを訪れて買い物しているような気分になる。

        バーチャルモール

    • シミュレータ
      • コンピュータグラフィックスなどを駆使することで、実際に鉄道や飛行機を操縦しているような感覚を得ることができる。そのため、パイロットや運転士などを養成するとき、基本的な操作方法を覚えるために使用される。

        ドライブシミュレータ

      • CAD/CAMを用いて金属の切削を行う場合、どこで工具が干渉するかやどのくらい加工時間がかかるかを調べるときに使用される。

        加工シミュレータ

    • 映画での利用やバーチャルスタジオ
      • コンピュータグラフィックスなどを駆使して、10万人が一度に動くシーンを撮影するときに使用したり、飛行機や自動車などの爆破シーンの撮影などに使用される。

        映画での利用

      • テレビ番組の撮影で、大掛かりなセットが組めない場合、アナウンサーや司会者にコンピュータグラフィックスで作成した背景を合成して番組を作成する。

        バーチャルスタジオ

a:877 t:1 y:0