SSL(えすえすえる)

SSL(えすえすえる)

  • SSLとは、Secure Sockets Layerの頭文字を取ったもので、インターネットでデータを送受信するときに暗号化するプロトコル(通信手段、もっとわかりやすく言えばコンピュータ同士で会話する「言語」のこと)の1つである。
  • インターネットサーバとブラウザの間を暗号化して送受信することで、第三者が情報を傍受して悪用するのを防ぐ。

SSLのモデル

  • 上の図のように、ユーザがパソコンなどを使ってインターネットサーバに接続しようとすると、サーバから証明書と鍵(暗号を元に戻すためのツール)を提供される。それをもってサーバに接続すると、特定の人しか見ることのできないページを開くことができる。

a:769 t:2 y:3