今年の夏は冷夏?

今年の夏は冷夏?

  • 皆さんこんばんは。オフィス・宮島です。今年も暑い夏がやってまいりました。
  • 気象庁の7月~9月の3か月予報はこのようになっています。

北日本(北海道、東北)と東日本(関東甲信、北陸、東海)の平均気温は各月とも平年並みの暑さ。

西日本(近畿、中四国、九州)は7月が平年並みの暑さで、8月は平年より高く、9月は低くなる可能性がある。

沖縄・奄美の気温は7~8月が平年並みか高く、9月は平年並みか低い。3カ月の降水量は北日本が平年並みか多いが、ほかの地域はいずれも平年並みとみている。

気象庁によると、「エルニーニョ現象」が発生する可能性が高いものの、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧は平年並みに日本付近に張り出すと予想している。

  • これを見る限り、今年の夏の気温は平年並みのようです。しかし、今年は5年ぶりに「エルニーニョ現象」が起きるといわれています。

エルニーニョ現象とは?

  • エルニーニョ現象というのは、南米ペルー沖の海水温が周りより高くなる反面、東南アジア付近の水温が低くなるという現象です。

エルニーニョ現象

発生メカニズム

  • まず、何らかの原因で太平洋を駆け巡っている貿易風の勢いが弱まります。それによって赤道付近で温められた暖かかい海水は太平洋中央付近でとどまり、太平洋西部に暖かい海水が供給されずその付近の海水温が低下します。そして、その真上を流れる大気の温度に大きな影響を与えます。
  • そのような状態になると、東南アジアでは台風を作る積乱雲が発生しにくくなります。さらに日本上空に吹いている偏西風が南に下がり夏の暑い空気を提供する太平洋高気圧(小笠原気団)の張り出しが弱くなり、冷たい空気を提供するオホーツク海気団の勢力が強まります。その結果、日本には梅雨前線が停滞し続け日照不足に陥り平均気温も大きく下がります。

エルニーニョ現象が日本に及ぼす影響

  • そして、8月になっても梅雨が明けない「寒い夏=冷夏」が日本全国に訪れます。

エルニーニョ現象が及ぼす影響

  • エルニーニョ現象が発生すると、地球規模で異常気象が発生するといわれています。どのようなものかというと…

日本では冷夏になり農作物が不作になる。逆に冬は暖かくなる

ある地域では大不漁になるがある地域では大豊漁になる
ペルー沿岸ではエルニーニョ現象が発生すると、イワシ(アンチョビ)が不漁になり、カジキが豊漁になる

オーストラリアでは大干ばつが発生する…など

  • このように世界中で異常気象が発生し、農作物の収穫に非常に深刻なダメージをあたえます。
  • 今年はこれが5年ぶりに発生するようです。ここ最近私が住んでいる富山県では雨の日が多く、気温も30度前後で去年ほど暑くありません。やはり今年は冷夏なのでしょうか?

本日はここまでとします。ご清聴ありがとうございました。

コメント


認証コード7395

コメントは管理者の承認後に表示されます。