油を使って溶かす~ドライクリーニングとは~

油を使って溶かす~ドライクリーニングとは~

  • 皆さんおはようございます。オフィス・宮島です。本日は「油を使って汚れを落とすドライクリーニングの方法」について解説いたします。

なぜドライクリーニングというのか?

  • スーツやジャケットをクリーニングに出すと、「ドライクリーニング」という手法を使います。なぜドライクリーニングというのでしょうか?
  • 通常、洋服などを洗濯するとき「水」を使って行います。しかし、ウールなどでできた洋服を水で洗うと縮んでしまいます。そのためウールでできた洋服を洗濯するとき水が使えません。その場合は「有機溶剤」を使って洗濯します。水を使わないから「ドライクリーニング」というのです。

有機溶剤の長所・短所

短所

  • ドライクリーニングに使用する有機溶剤はガソリンや灯油といったタイプの油です。そのためマッチ1本で大火災になります。ゆえに火の取り扱いには細心の注意を払わなければなりません。
  • 有機溶剤であるため、下水を通して河川にそのまま流すことができません。ゆえに何回か使用したのち最終的には産業廃棄物として処理されます。その分のコストがかかります。
  • 塩素系と呼ばれる有機溶剤を使用すると、「オゾン層を破壊するフロンの発生」「地球温暖化を進める温室効果ガスの発生」するので、この対策も考えなければなりません。

長所

  • 有機溶剤は水に比べ乾きやすい(揮発性が高い)ため、洋服にほとんど残りません。ただし、人体に悪影響を及ぼす化学物質を使っていることが多いのでしっかり乾かさないと皮膚を傷めてしまいます。

ドライクリーニングの方法

  • 実際はこのように行っています。

ドライクリーニングの方法

  • 上の写真のような専用の洗濯機に有機溶剤を入れて密閉し洗濯したのち、乾燥させます。最後にアイロンをかけて仕上げます。この時に発生した汚れた洗濯液はタンクに回収され、再利用されます。

本日はここまでといたします。ご清聴ありがとうございました。

コメント


認証コード3421

コメントは管理者の承認後に表示されます。