ソリューションビジネス(そりゅーしょんびじねす)

ソリューションビジネス(そりゅーしょんびじねす)

  • 業務における課題を把握し、それを解決する糸口を見つける手助けを提供するビジネスのこと。
  • たとえば、このようなものである。
    • ある会社から、最近顧客から、「対応が遅い!」というようなクレームが頻発しているが、対処方法が思いつかないので何とかしてくれという依頼が来たと仮定する。その処方箋として次のようなことを示して提案し、実行して解決するというものである。
      • なぜ対応が遅いのかを突き止める。
      • 現場からクレームに対応するための人員が少ないとの意見を受けて、電話と人員を増やした。
      • 分析した結果クレームが集中する時間帯が13時と17時以降であることがわかったが、サービスが17時以降行っていないので対応できない。
      • そこで、サービス時間を変更し10:00~13:00と13:30~16:30と17:00~20:00の3つにわけ、人員をシフト制にして穴を作らないようにした。また、24時間受付可能なお問い合わせボックスをサイト内に作成し、そこで受けたクレームを翌日朝一番で解決する…という具合である。

ソリューションの形態

  • 問題点を解決するソリューションビジネスの1つとして、システム開発がある。
  • システム開発は一般的には、全社的規模で行われるが、開発にあたって、目標とするシステムの内容や規模、自社内における体制や環境および開発にかかる費用などを総合的に考慮し自社で開発するか外部に依頼するかを決定する。(ちなみにこの考え方をTCOという)
  • 自社で開発を行わない場合は、外部に開発を依頼したり、ソフトウェアパッケージを導入したりする。システム化におけるソリューションの形態には、SOA、ASP、SaaS、クラウドコンピューティングがある。

参考文献 FOM株式会社,よくわかるマスターITパスポート試験,FOM出版,2012,p121-p122


a:585 t:2 y:1