クラウドソーシング(くらうどそーしんぐ)

クラウドソーシング(くらうどそーしんぐ)

  • 企業の一部業務を外部の個人に委託する形式。企業側には足りない人材を安価で補えるメリットがある。また、受注者側は会社や場所にとらわれず働くことができるというメリットがある。すなわち「インターネット接続環境」さえあれば住宅や喫茶店でも仕事ができる。
  • 「クラウドソーシング」とは、群衆(crowd)と業務委託(sourcing)をくっつけて誕生した造語である。企業内で発生した小規模な開発やデザイン、ライティング(執筆)、事務作業といった数万円から数十万円規模の業務をインターネットを通じて個人に依頼すること。
  • ベンチャー企業を中心に20~30社がサービスを展開している。最近はヤフーやリクルート、パソナなど大手企業も参入しつつある。
  • 会社に勤務しながら副業として休日に業務を行ったり、子育て中の奥さんも合間を縫って業務を行うことができる。年齢・性別より業務の遂行能力だけが指標となるため、定年退職者などの高齢層の活躍も目立つ。

クラウドソーシングのリンク先

参考文献 東京IT新聞


a:750 t:2 y:0