WiMAX(わいまっくす)

WiMAX(わいまっくす)

  • Worldwide Interoperability for Microwave Access」の頭文字を取ったもので、無線通信規格の1つ。人口が少ない場所や高速通信が難しい場所での接続が期待されている。
  • IEEE802.16という通信規格で無線LAN機器間を相互接続する。

WiMAXの特徴

  • WiMAXには、次のような特徴がある。
  1. 下りの速度(ブラウザで動画等を閲覧するときの速度)が最大40Mbps(メガ・ビット・パーセク:1秒間に40Mbitのデータを送ることができる)

  2. 通勤電車の移動程度ならば、切断されることなくデータのやり取りができる

  3. 帯域制限がない
    (LTEの場合、1か月のデータ転送量が7GBを超えたら通信速度が128Kbpsまで下げられる)

WiMAXの特徴の問題点

  • 利点ばかり強調されているが、問題点も存在する。

2.5GHz帯域は携帯電話事業者が、3.5GHz帯域は放送事業者が、5.8GHz帯域は気象レーダーが使用しているため、空きがない

その他

  • 台湾もこの技術を導入しようとしている。

a:672 t:1 y:0