Miracast(みらきゃすと)

Miracast(みらきゃすと)

  • Miracastとは、Wi-Fi Alliance?によって定められた、1対1無線通信によるディスプレイ伝送技術のこと。

どういうものなのか?

  • どういうものかというと…スマートフォン(スマホ)やタブレット端末の画面を、大型の液晶テレビに転送して表示する…というものである。

Miracast

画像引用元 http://nttd-mse.com/

どこが優れているのか?

  • これは実際にプレゼンをしたことがある人はわかると思うが、パソコンを使ってプレゼンをする場合、下図に示すような道具が必要となる。

プレゼンに必要な道具

画像引用元 http://projector-navi.com/

  • 上の図に示すように、1回のプレゼンを行うために必要な道具が多いので、持ち運びが大変である。さらに、使用するケーブルが多いうえ、ケーブルを一本でも忘れたり、つなぐ個所を1か所でも間違えると、スクリーンに映すことができない…という欠点がある。
  • それに比べ、Miracastはケーブルを一切使わないため、プロジェクタとスクリーンが不要になる。ゆえに、だれでも簡単にタブレット端末などの画面をテレビに転送することができる。
  • しかし、テレビもしくはタブレット・スマホ、ノートパソコンのいずれかがないとできないので、スクリーンしかない場所では使えないという欠点を持つ。

今後はどうなる?

  • 現在、AppleがAirPlayと呼ばれる独自の通信規格を設定しており、これには搭載されていなかったP2P(ピア・ツー・ピアと読む:1対1で機器を対応させる)が追加された。それにより、AirPlayとMiracastの違いがなくなりつつある。
  • 今後、専用の機器を使わずに接続できるMiracastのほうがAirPlayのシェアを凌駕する可能性が高くなっている。

a:239 t:2 y:0