C++(しーぷらすぷらす)

C++(しーぷらすぷらす)

  • C言語の機能を大幅に強化した言語。文法はC言語とほぼ同じだが構造体に関数が使えるようになる。これをクラスという。
  • ソフトウェア開発で使う言語の主流である。
  • ベル研究所の科学者・ビャーネ・ストロヴストルップがC言語の拡張版として開発した。クラスの追加に始まり仮想関数、多重定義、多重継承、テンプレート、例外処理といった機能が続いていった。
  • 1998年にANSIとISOの合同委員会は、C++言語を標準化した。公式リリースから数年間不具合の報告を受け付け、2003年に訂正版を出版した。
  • 2007年に、「C++Technical Report(テクニカルレポート:TR1)」がリリースされた。次のバージョンに期待されるライブラリの拡張機能が搭載された。若干の修正を加え、2011年に登場した「C++11」に組み込まれた。
  • 2011年、大幅な改訂を行い、ISO/IEC 14882:2011を発行した。

参考文献 Wikipedia


a:549 t:2 y:0