アンチウィルスソフト(あんちうぃるすそふと)

アンチウィルスソフト(あんちうぃるすそふと)

  • コンピュータウィルスがパソコンに侵入した場合、それを駆除するソフトのこと。ウィルス対策ソフト、ワクチンソフトとも呼ばれる。
  • ウィルスの探知方法を次に示す。
    • パターンマッチング方式
      ウィルスの特徴を書き込んだデータベースと比較して、特徴が一致したものをウィルスと判定する。ただし、データベースが常に最新のものでなければ、見落としてしまう。

    • ジェネリック方式
      実行プログラムを監視し、不正な挙動を検出して、その動作が行われる前に止める方式。未知のウィルスでも検知できるが、正規のプログラムでもウィルスと同じ動作をするため、ルール作りの線引きが難しいのが欠点。

    • ヒューリスティック方式
      動作していないプログラムの挙動を監視するシステム。実行するとどのような挙動をするかを予測し、不正動作であると認められればウィルスと断定する静的ヒューリスティックと、ウィルス対策ソフトで保護されたメモリ上で動かし、その動作から判定する動的ヒューリスティックに分けられる。
  • 必ず導入すること!

a:670 t:1 y:0